非変性U型コラーゲン サプリ

関節の成分をご存知ですか?

関節の成分

関節の成分2

画像4

 

 

 

非変性U型コラーゲンのサプリメントがいろいろ販売されています。

 

しかしながら、その含有量はさまざまです。

 

そこで、非変性U型コラーゲンの含有量を調べランキングにしてみました。

  商品名 通常価格 定期価格 1日摂取量 非変性U型コラーゲン プロテオグリカン ヒアルロン酸 その他 詳細
深潤EX 深潤EX 4,980円(税込) 4,731円(税込)送料無料 1粒 40mg 25mg 詳細
ニコラプロ ニコラプロ 4,800円(税別) 3,600円(税別)送料無料 1粒 12.8mg 9.6mg キャッツクロー80mg 詳細
暮しの匠 暮しの匠 7,350円(税込)送料無料 5,880円(税込)送料無料 6粒 10mg 7.5mg 200mg グルコサミン600mg 詳細
北国の恵み 北国の恵み 5,960円(税込) 4,990円(税込)送料無料 3粒 10mg 5mg 1mg 詳細
皇潤極 皇潤極 13,800円(税込) 9,720円(税込)送料無料 6粒 10mg 詳細
ロコモプロ ロコモプロ 5,940円(税込) 5,940円(税込)送料 2粒 詳細
タマゴサミン タマゴサミン 4,104円(税込)送料 3,899円(税込)送料無料 3粒 グルコサミン400mg
コンドロイチン46.5mg
iHA50mg
詳細
イタドリ イタドリ 2,400円(税別) 2,160円(税別)送料500円 3粒 グルコサミン1000mg
コンドロイチン
オオイタドリ
詳細
プロテウォーク プロテウォーク 6,280円(税別) なし 3粒 変性50mg
変性は体内に吸収されていくと言われています。
50mg 5mg グルコサミン30mg
コンドロイチン30mg
詳細
【その他調査対象商品】ステラ漢方のグルコサミン・キユーピーのヒアルロン酸&グルコサミン・サンポス・やわた国産グルコサミン・ありがとうイカのコンドロイチン・国産グルコサミン&ヒアルロン酸・楽潤・N-アセチルグルコサミン・ヒアルログルコ・毎日活歩・グルコンEX錠プラス・アンチノビン・キャッツクロウスカット・キャッツクロー

結局どれがいい?

画像1

現在、膝に痛みを抱えているという方は、非変性U型コラーゲンの含有量が40mgで一番多い 深潤EX をおすすめします。

 

膝はそれほど痛くない、どっちかというと予防のために使いたいという方は、関節軟骨成分がバランス良く配合されている 暮しの匠 をおすすめします。

 

関節のサプリメントは、3ヶ月は飲用しないと結果が伴いませんので、最低でも3ヶ月の飲用をおすすめします。


膝の痛みには非変性U型コラーゲンを

膝の痛みに効果がある成分として有名なのは非変性U型コラーゲンで、サプリメントも販売されています。

 

実に多くの種類のものがあるのが、コラーゲンの成分を含んだサプリメントだといいます。

 

コラーゲンは美容に良いとされる成分ですが、膝の痛みにも効果がある成分として注目されています。

 

皮膚だけでなく、関節の軟骨部分や骨にも多く存在しているのが、サプリメントで定番の非変性U型コラーゲンです。

 

細胞と細胞をしっかりつなぎ止めておく働きをする、繊維状のたんぱく質なのです。

画像5

 

若い頃は体内に豊富にありますが、加齢によって少しずつ失われていく栄養素が非変性U型コラーゲンなのです。

 

深い関係が膝の痛みとあるのは、非変性U型コラーゲンが膝の軟骨や関節に不可欠なものだからです。

 

膝の痛みの多くは変形性膝関節症ですが、軟骨がすりへって関節のクッションとしての役目を果たさなくなり膝の痛みの原因となります。

 

非変性U型コラーゲン摂取が有効だと言われているのが、関節部分の軟骨の再生です。

 

コラーゲンには様々な種類があります。

 

自分の膝痛の症状に適した非変性U型コラーゲンが配合されたサプリメントを利用するようにしましょう。

 

サプリメントやドリンクにコラーゲンが配合されたものが売られていますが、何でも良いというものでもないようです。

 

天然のII型コラーゲンは加熱すると変性してしまい、小腸に運ばれてただの栄養として吸収されてしまいます。

 

近頃膝の痛みに良いということで、たいへん人気の商品となっているのは、小腸までは変性させない非変性U型コラーゲンのサプリメントです。

グルコサミンは?

膝の痛みに効果がある成分のひとつにグルコサミンがあり、サプリメントも販売されています。

 

グルコサミンが配合されたサプリメントは人気商品となっているようで、テレビCMでも頻繁に目にするでしょう。

 

グルコサミンは天然のアミノ酸の一種で、変形関節症になった関節を修復し、膝痛を緩和する効果があるといいます。

 

特にエビやカニ、ロブスターなど甲殻類に多く含まれているグルコサミンは、自然界に広く存在する栄養素だそうです。

 

最近では甲殻類にアレルギーがある人でもグルコサミンを摂取できるようになっています。

画像6

 

発酵グルコサミンのサプリメントといって、トウモロコシを利用した植物性のものもあるそうです。

 

人体は元々、魚や肉などの食材からグルコサミンを生成しています。

 

徐々に軟骨細胞の再生能力が低下し、関節同士がぶつかって膝の痛みなどの痛みを生じやすい状態になるのは、年齢と共に徐々に生成量は低下するからです。

 

グルコサミンの摂取量は1日につき4〜5グラムが目安ですが、膝痛の程度がひどい時は増量しても問題はないようです。

 

グルコサミンは摂取後の腸への吸収が、コラーゲンやコンドロイチンと比較すると早い成分だといえるでしょう。

 

サプリメントは1日の必要量をまとめて摂取するより、2〜3回に分けて摂取した方が良いようです。

 

両方の成分を配合したサプリメントは膝の痛みに悩む多くの人に利用されているのは、グルコサミンがコンドロイチンと併用するとより高い効果が期待できる成分と言われているからでしょう。

コンドロイチンは?

コンドロイチンはグルコサミンと一緒に飲むことで互いの効果が引き立ちます。

 

ただ摂取するだけでなく、飲み合わせを考えて使うといいでしょう。

 

グルコサミンではなく、非変性U型コラーゲンを併用することも、コンドロイチンの働きを助ける作用が期待できます。

 

吸収効果を高めるために、動物性の成分が使われていたり、一つのサプリメントにコンドロイチンとグルコサミンが両方入っていることもあります。

 

コンドロイチンとは皮膚や粘膜など体内の色々なところに存在している成分のことです。

画像5

 

サプリメントでコンドロイチンを摂取する理由に、軟骨にあるコンドロイチンが減って関節痛がきついことがあります。

 

関節の節と節の間はコンドロイチンを含む軟骨があり、スポンジのように柔らかくなることで衝撃を吸収しています。

 

豊富な水分が弾力を作り出していることが、軟骨が関節の衝撃を吸収している理由です。

 

軟骨を維持するために、分解酵素の量をコントロールしたり、栄養を送ったりと、コンドロイチンは重要な成分です。

 

コンドロイチンがあるからこそ、軟骨は体の中で必要な形状でいることができるのです。

 

コンドロイチンはネバネバした食材やすっぽん、ウナギなどに多く含まれますが、毎日の摂取は少し難しい面があります。

 

高い保水力があるコンドロイチンは、目薬の成分にも使われていたり、体内では髪や皮膚のツヤをよくしたり、みずみずしいお肌を維持したりと、とても大事名成分です。

 

髪や皮膚のアンチエイジングに役立ったり、関節痛対策に効果を発揮したりと、コンドロイチンは人間の体にとってとても有益な栄養素で、たくさん摂取しておきたいものです。